調布市飛田給鍼灸整骨院
京王線 飛田給駅南口 徒歩30秒
各種保険取扱 交通事故自賠責保険
ご予約優先 042-426-9822
飛田給鍼灸整骨院マーク
飛田給鍼灸整骨院ホーム
治療方針・治療法
治療費のご案内
初診の患者様へ
よくある質問/Q&A
スタッフ紹介
マッサージ・整体
超音波画像診断装置による超音波検査/エコー
交通事故治療
首・肩の痛み
腰・背中の痛み
肘の痛み
膝の痛み
スポーツ障害
整骨院と接骨院の違いについて
ブログ・近況・ご予約状況
院長の綴る症例・治療ブログ
交通事故後の治療に関して
保険会社のご担当者様へ
シンスプリント

シンスプリントに関する見解と治療方針

『過労性脛部痛』とも呼ばれるシンスプリント
脛骨内側の中央から下にかけて痛みが現れるのが特徴です。
ランナーに多いスポーツ障害ですが、ランニング以外でも発症します。


シンスプリントの痛みは、スネの内側に沿ってうずくような感じです。
運動中はずっとその痛みが続き、運動をやめると痛みは自然と治まります。
しかし、ひどくなると日常生活に於ける動作でも痛みが出ることがあります。


下腿に於けるランニング障害の中でも最も多い障害で、ランニングのみならず
瞬発力を求められるスポーツでは多発する傾向にあります。
とは言え、ほとんどのスポーツは瞬発力が求められますので、ある意味非常に
ポピュラーなスポーツ疾患といえましょう。


シンスプリントも、発症の主因はやはりオーバーユース(使い過ぎ)、
つまり、スポーツ障害のほとんどがやはり使い過ぎということになります。
適度な休養と、十分なウォームアップは欠かせません。
更に身の丈にあった運動を心掛けるべきでしょう。
それが長く運動、或いは選手を続けられる秘訣ともいえます。
特にオフが明けてシーズンが始まった直後や、初心者が急に能力以上の過度の
トレーニングをした場合に発症しやすい症状です。


静養が一番といえますが、発症したならば軽視せずに治療することが肝要です。
常態化したり悪化を招く前に、早めのご来院をお勧めします。


飛田給整骨院では、症状・経過を診つつ、電気療法、グローブ治療、鍼灸治療
整体等を施しながら治療にあたります。



【 症例一覧に戻る 】



アクセス 京王線 飛田給駅 南口駅前 徒歩30秒



【 このページのトップへ 】

調布市飛田給鍼灸整骨院
東京都 調布市飛田給2-14-5
京王線 飛田給駅南口 徒歩30秒
ご予約優先 042-426-9822

COPYRIGHT(C) 飛田給鍼灸整骨院 ALL RIGHTS RESERVED.