調布市飛田給鍼灸整骨院
京王線 飛田給駅南口 徒歩30秒
各種保険取扱 交通事故自賠責保険
ご予約優先 042-426-9822
飛田給鍼灸整骨院マーク
飛田給鍼灸整骨院ホーム
治療方針・治療法
治療費のご案内
初診の患者様へ
よくある質問/Q&A
スタッフ紹介
マッサージ・整体
超音波画像診断装置による超音波検査/エコー
交通事故治療
首・肩の痛み
腰・背中の痛み
肘の痛み
膝の痛み
スポーツ障害
整骨院と接骨院の違いについて
ブログ・近況・ご予約状況
院長の綴る症例・治療ブログ
交通事故後の治療に関して
保険会社のご担当者様へ
整骨院と接骨院の違い

整骨院と接骨院の違いとは・・・

整骨院』も『接骨院』も治療する内容は基本的に同じで、
単に呼び方が異なるだけです。


例えれば・・・
美容院と美容室、歯科医と歯医者、ぼた餅とおはぎ(笑)
のような感じでしょうか。


整骨院接骨院も、医療類似行為者(柔道整復師・指圧師・鍼師・灸師・按摩・マッサージ)の中の、『柔道整復師』の国家資格を持っている『柔道整復師が治療を行う治療所』を指します。


『整復』とはあまり聴きなれない言葉だと思いますが、脱臼や骨折した箇所を、
元に復すことをいいます。
また、柔道整復師は国家資格ですが医師ではないので、注射・薬の投与・手術・レントゲンなどは扱えません。


柔道整復師の専門は、主に、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)です。
そういわれてもピンとこないと思いますので、よく聞く症例としては・・・
腰痛・ぎっくり腰や、肩こり・五十肩、寝違いなどを思い浮かべていただいて
差し支えありません。
要は、言いようのない『筋肉』や『筋』のつらさ違和感、痛みなどを総合的に
診るのが整骨院接骨院です。


治療方針・治療方法は、症状により異なりますので、一概には申せませんが、
一般的には、問診・視診・触診・打診・圧診などを行い、充分な説明の後に、
急性期のものなら、受傷後一両日間は、RICE処置等を施し、経過により適宜、
温熱・手技・電器療法・運動療法などを施していきます。
(損傷度合いにより適宜変わっていきます)


原因が見当たらない慢性的な痛みや症状(疲労や倦怠感など)は、保険診療の
適用外となり、自由診療となることがあります。
また、病院・医院や診療所と同様に医療機関なので、各種健康保険が使えます。
ここが後述する整体院との大きな違いです。
なにしろ負担が少ないのでお財布にも優しく、気軽に通院することが出来ます。


また、柔道整復師は医師ではないので、整形外科のようにメスで患部を切り開くことはせず、骨折や脱臼を手による『手技』だけで治します。
つまり、整形外科は西洋医学、整骨院接骨院は東洋医学ということです。


また、『整体院』との違いは、整骨院接骨院が、骨折・脱臼・捻挫などの
急を要する治療を行うのに対して、整体院は身体や姿勢のバランスを整えたり、
血行を良くしたり、肩こり・腰痛などの慢性的な症状の緩和を目指す治療です。
国家資格を持たず民間療法なので、健康保険は使えず、全て自費になります。


整骨院接骨院整体院・更には整形外科と、なんだか紛らわしいのですが、
以上がそれぞれの相違と概要になります。


「大体分かったけど、どうして同じなのに整骨院接骨院って言うの?」


はい、もっともな疑問だと思います。
何しろ、基本的な診療内容は同じですものね。


これはかなり昔に遡るのですが、両者を称して元々は『骨接ぎ』と云いました。
接骨院という呼称には、何となく『骨接ぎ』のニュアンスが残っていますよね。
実は整骨院という呼称は比較的新しく、前は接骨院で一本化されていたのです。


接骨院は前述の通り、昔から『骨接ぎ』と称され、骨折や脱臼を診るといった
イメージがありました。
しかし実際は骨折や脱臼のみならず、東洋医学的見地から全身にアプローチして
様々な治療にあたっています。


だけど・・・
名称に由来するのか、何となく「ボキボキされそうで怖い…」というイメージが
払拭されませんでした。


そこで時代の流れと共に『骨接ぎ』のイメージを色濃く残す『接骨院』という
呼称から、もっとソフトなイメージの『整骨院』という呼称が生まれました。


当院も必要のある症状には「ボキボキ」やりますが(笑)、
院長の診療コンセプトに、よりマッチする呼称として『整骨院』を選択し、
開院する場所も名前に取り入れ、飛田給鍼灸整骨院と称しております。



アクセス 京王線 飛田給駅 南口駅前 徒歩30秒



【 このページのトップへ 】

調布市飛田給鍼灸整骨院
東京都 調布市飛田給2-14-5
京王線 飛田給駅南口 徒歩30秒
ご予約優先 042-426-9822

COPYRIGHT(C) 飛田給鍼灸整骨院 ALL RIGHTS RESERVED.