調布市飛田給鍼灸整骨院
京王線 飛田給駅南口 徒歩30秒
各種保険取扱 交通事故自賠責保険
ご予約優先 042-426-9822
飛田給鍼灸整骨院マーク
飛田給鍼灸整骨院ホーム
治療方針・治療法
治療費のご案内
初診の患者様へ
よくある質問/Q&A
スタッフ紹介
マッサージ・整体
超音波画像診断装置による超音波検査/エコー
交通事故治療
首・肩の痛み
腰・背中の痛み
肘の痛み
膝の痛み
スポーツ障害
整骨院と接骨院の違いについて
ブログ・近況・ご予約状況
院長の綴る症例・治療ブログ
交通事故後の治療に関して
保険会社のご担当者様へ
RICE処置

RICE処置

応急時に必要な『四つの処置』の頭文字をとってRICE処置と云います。
その四つの処置とは以下の通りです。
Rest(安静)、Ice(アイス)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)
損傷後直ちにRICE処置を適切に施すことで、早期の治癒が期待できます。


それでは、その四つの処置をそれぞれ見てみましょう。


Rest(安静・静養)

発症(損傷)直後から、身体は傷んだ箇所の修復(自然治癒)に入ります。
しかし、傷めた患部を安静にせず運動を続けると、修復開始が遅れます。
その遅れが最終的に完治を遅らせ、リハビリに費やす時間を長引かせるので、
発症(損傷)直後は安静にすることが極めて重要です。


Ice(患部の冷却)

患部を冷やすことで痛みを軽減させることができます。
また、血管を収縮されることによって腫れや炎症を抑えることができます。


Compression(患部の圧迫)

患部に適度な圧迫を加えることにより、炎症や腫れをある程度制御できます。


Elevation(患部の挙上)

傷めた患部には、血液やリンパ液等が溜まり、腫れや炎症が起こります。
患部を心臓より高い位置に上げる(挙上)することで、出血等が減少し、
血液が心臓に戻りやすくなって腫れや炎症を制御することができます。



アクセス 京王線 飛田給駅 南口駅前 徒歩30秒



【 このページのトップへ 】

調布市飛田給鍼灸整骨院
東京都 調布市飛田給2-14-5
京王線 飛田給駅南口 徒歩30秒
ご予約優先 042-426-9822

COPYRIGHT(C) 飛田給鍼灸整骨院 ALL RIGHTS RESERVED.